ビジョン

ARROWS VISION

▶ ARROWS NAGASAKI:ビジョン

ARROWS NAGASAKIが目指すものは、
スポーツ環境及び文化の創造と革新です。
 
 スポーツは、健康・趣味・仕事などによって価値や目的、そして目標が異なります。また、現代の社会状況や個々の考えに合ったスポーツ文化及び運動習慣は徐々に変化し、新たな概念や多くの意義が生まれ、それぞれの価値観に応じて発展してきたと捉えることができます。
 
 ARROWS NAGASAKIは、現代社会や長崎に求められるスポーツの価値と環境及び想いや期待を、「3」つのComponent(構成要素)として掲げ、それぞれの矢を放ちたいと考えています。しかし、これらのビジョンは、私たちが想いを夢に描くだけでは実現することはできません。スポーツに対する価値を共感して頂ける長崎の皆さまと共に、スポーツと、「教育・医療/福祉・福利厚生」とのコラボレーションを通し、見える形としての実現を目指します。
 Component1/ビジョン
 
仲間や家族と、スポーツの「時」を
共有できる環境を整える
 
 ARROWS NAGASAKIは、スポーツには「プレイすることを楽しむ・観ることを楽しむ・その場の雰囲気を楽しむ」といった要素が必要であると考えます。そして、それぞれの立場において、お互いを感じ合える距離や空間が大切であることも、経験を経て知ることができました。
 また、オリンピックや世界大会に代表されるように、喜びや楽しさ、そして感動の「時」を共有できるからこそ、スポーツは世界中で愛され続けていると考えています。
 
 私たちは、スポーツを愛する全ての人々、そしてこれからスポーツに触れる子どもたちの将来を見据え、長崎の新たな基準となるスポーツ環境を整えます。さらに、いつでも、だれでも、公平に楽しむことができるスポーツ空間の創造に取りでいきます。
 Component2/ビジョン
 
スポーツと「教育・医療/福祉・福利厚生」
との関係を重視し、スポーツの価値を高める
 
 ARROWS NAGASAKIは、スポーツは人間が生きていく過程においてとても重要な存在であることを理解しています。また、日常の生活において「教育・医療/福祉・福利厚生」も同じ存在であると考えます。
 これらのことから、スポーツと「教育・医療/福祉・福利厚生」をコラボレーションさせることで、新たな価値を生み出すことができるのではないかと考えました。
 スポーツの価値を体現する手段は無限にありますが、それぞれの分野において、私たちはどのような「矢」を放つことができるのかを具体的に考え、ひとりでも多くの方々に喜んでいただけるよう、スポーツの価値を高めていきます。

ARROWSと教育・・・・・Component2

Nexus of Sports and Education
 
 ARROWS NAGASAKIは、スポーツと教育との関わりを重視します。
 「教育」とは、人間を望ましい状態にさせるために、心と体の両面に意図的に働きかけることであり、知識の啓発、技能の教授などを図り、その人の持つ能力を発達させることです。私たちは、教育とスポーツは同じ意義や目的があると捉えています。
 さらにスポーツは、様々な技能を習得するだけではなく、現代社会に必要とされるコミュニケーション能力や、互いを尊重し合う心を習得することもできます。これらのことから、教育とスポーツを関わり合わせることは、子どもたちの健全育成に高い効果を発揮するものと考えました。
 ARROWS NAGASAKIが考えるもう一つの教育は、将来を担う若者が育つためのキャリア資質を習得する環境を整えることです。これらの考えを基に、教育関連機関や学校法人様との協同及び連携を重視し、教育を目的とした研修会や講習会、体験学習の設定などに取り組むことを通して、スポーツに関わる全ての「学び」を日常化することができる環境を整えます。

ARROWSと医療/福祉・・・・・Component2

Nexus of Sports and Medical / Welfare
 
 ARROWS NAGASAKIは、スポーツと医療/福祉との関わりを重視します。
 スポーツや運動に関わる方々(特に指導者や選手)にとって、スポーツ傷害を防止するための知識や、身体のメカニズムについて理解することは、スポーツにとって最も重視すべき安全や安心に直結します。
 これらのことから、私たちは専門的な知識を有する方々との協同事業を進めることで、より良いスポーツ文化が創造できるものと考えました。例えば、整形外科の先生方によるスポーツ障害予防教室や、生活習慣の改善を目指した運動教室が考えられます。また、理学療法士の方々によるテーピング講座及びトップアスリートのリカバリーを目的とした運動指導などの開設に取り組みたいと考えています。
 
 福祉に関わる内容としては、室内の床やグランドよりも柔らかく、クッション性が高く天然芝に近い人工芝の特性を生かし高齢者の方々を対象とした軽スポーツに取り組みたいと考えています。特に地域の皆様にも安心してウォーキングや体操ができる環境を整えます。私たちは、医療/福祉とスポーツを関わり合わせることで、幅広い年齢層に対応した健康の保持増進に努めます。

ARROWSと福利厚生・・・・・Component2

Nexus of Sports and Benefit Programs
 
 ARROWS NAGASAKIは、スポーツと福利厚生との関わりを重視します。
 現代社会において、業務内容の多忙化及び労働形態の変化などから、個々の運動不足や人間関係などによるストレスの増大などが社会的問題となっています。勤労意欲及び労働能力を向上させるために、問題の解決に企業単位で取り組むことは必要であり、その手段の精選については課題であると考えられます。これらの問題や課題に対して私たちができることは、スポーツの特性を生かして解決できる環境設定ではないかと考えました。
 
 スポーツとは、関わる全ての方々が同じ目標やねらいを持って取り組むことができる特性を持ちます。つまり、スポーツの場においてコミュニケーションを交わすことは、人と人との関わりにおける「交流・一体感・結束力の増大・チームワークの向上」などが大いに期待できます。
 このことから、福利厚生とスポーツを関わり合わせることで、企業にとって様々なメリットを生成することができると考えました。さらに、日常の関係性を越え、互いの個性を認め合い助け合うことで、福利厚生の意義も高まるのではないでしょうか。私たちは、スポーツを通した福利厚生に貢献できる環境の創造を目指していきます。
  Component3/ビジョン
 
スポーツの文化を創造・革新し、
共感・共鳴・共栄できる環境を整える
 
 ARROWS NAGASAKIが考えるスポーツには、「競技」・「生涯」・「レクリエーション」の3つがあります。
 一般的にスポーツとは、「人々が楽しみ、よりよく生きるために、自ら行う自由な身体活動である・・・」*1定められています。これは、ARROWS NAGASAKIが最終的に目指すスポーツの姿(目標)とも言えます。
 
 私たちが考える3つのスポーツは、それぞれに目的や方法は異なりますが、さらに楽しみ、より良く生きるためのスポーツに変わりありません。それぞれに分かれたベクトルを合わせ、共に楽しみ、学び合い、理解し合うことを通して、共感・共鳴・共栄できるスポーツ環境を創造することができるよう努力いたします。
*1日本体育協会スポーツ憲章 第1条(1986)
 
 フィールドの利用予約はこちら
フィールドの利用予約は24時間受付中!
 会員登録はこちら
ご登録いただくと、様々な特典が受けられます。
お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL.095-801-3387
【電話受付時間】11:00~22:00